農場紹介

高知県の西南部、黒潮町蜷川(みながわ)の「みながわ農場」は、平成23年にオープンした新しい農場です。

〒789-1902
高知県幡多郡黒潮町蜷川149-1
TEL: 0880-44-1618
FAX: 0880-44-1618

代表: 金子 淳

みながわ農場

独学で土佐ジローの飼育を始め、鶏舎も自ら建てました。

みながわ農場の場所

大きな地図で見る

自然環境

上流に民家のない渓谷の一角にみながわ農場はあります。
この川の周りには、天然のわさびも自生しています。

みながわ農場土佐ジローは、山の奥から湧き出る水を飲み水にしています。谷から来た水は鶏舎内を24時間流れ、このきれいな水を毎日飲んでいます。

衛生管理

鶏舎内へ入る前には石灰などで必ず消毒しています。
オリジナルの木酢液やえひめAI(あい)を使用し、鶏舎内の消臭、殺菌を行っています。
えひめAIを土佐ジローの飲用水へ混ぜることで、免疫力が向上し病気に強くなり、健康な卵を産んでくれます。

品質管理

みながわ農場では、非遺伝子組み換えの大豆、ポストハーベスト・フリーのトウモロコシ等を飼料に土佐ジローを育てています。
GM対策済・PHF飼料の「ジロー邑(むら)」と野草を毎日食べています。
集卵後の卵は、1つ1つきれいな水で洗い、選別、箱詰めします。汚れが残った卵は販売しません。

GM対策済

Genetically Modifiedの略で遺伝子組み換えをした食品のこと。
”GM対策済”とは非遺伝子組み換え食品のことです。

PHF

ポストハーベスト・フリーの略。ポストハーベストは農作物の長期保存や船での輸送のため収穫後にかけられる農薬のことです。
フリーとつくものは、この農薬が散布されていない作物です。

みながわの風景

蜷川(みながわ)は、人口200人程度の小さな集落です。

YouTube読込中...

youtubetwitterAmeba

の日は定休日です

Calendar Loading

卸売りのご相談承ります!

〒789-1902
高知県幡多郡黒潮町蜷川149
TEL: 0880-44-1618
FAX: 0880-44-1618

代表: 金子 淳